海と男性

種類の多い精神病を知ろう【症状に合わせる治療がgood】

精神疾患の現在

看護師

画像が参考になるでしょう

精神病と呼ばれる病気には、実の所様々な種類があります。現在では各病気を一定の条件の元に、幾つかの種類に分類している状況です。血液検査などの一般的な検査では分からない精神病は、これまでは医師との対話を通じて病状が診断されていました。その病気特有の症状や身体的な状態を見て、精神科医が病気の種類を特定していたと言えます。精神病は実際症状が曖昧な場合があり、ある程度の期間継続して状態を観察しないと正確な病名が決められないことが一つの問題でした。最近では、このような精神医療に新しい手法が取り入れられるようになっています。海外ではこの手の精神病の患者の脳の画像に、特定の所見が見られることが話題になっています。精神病は脳の損傷などをきっかけに発症することがあるため、MRIななどは事実有効な検査です。最近では過去のトラウマなどの精神的な外傷が、脳に何らかのダメージを与えている可能性があることが取り沙汰されています。うつ病を画像検査で診断する医療機関も出始めているのが昨今の状況です。今後は、様々な画像検査が精神病の診断の参考にされていくと予想されます。根拠となるデータが利用出来ることは、大きなメリットです。

治療薬の選択肢は豊富です

精神病の治療では、様々な種類の薬が使用されています。抗不安薬や抗うつ剤、精神安定剤などが多く使われている代表的な薬です。特定の精神病の場合には、精神病薬と呼ばれる種類の薬が使用されることもあります。精神科医や心療内科医は、治療の開始に伴って各患者の病状に合わせ適した薬を処方するのが一般的です。治療薬には少なからず副作用があります。従って、服用中に副作用に悩むといったケースが出てくることが一つの問題です。眠気やふらつきなどは、比較的多く起こる副作用です。このような症状が余りに強い場合には、治療の途中で他の薬剤に変えることもあります。同じ病気でも、幾つかの選択肢の中から選ぶことが出来るのが最近の精神医療の優れている点です。副作用の現れ方は微妙に異なってくることが多く、日常的に感じる不快な症状を抑えることも可能になります。効果の持続時間も意外に重要なポイントです。運転や精密な作業を行なう方は、起こり得る副作用について特に医師と相談をすることが必要です。脳内物質に作用することが多い精神病の薬は、時に重篤な副作用を引き起こすことがあります。長期的に利用する場合は、特に注意をしておくことが大切です。

Copyright© 2015 種類の多い精神病を知ろう【症状に合わせる治療がgood】All Rights Reserved.